hatoturi

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で美味しい魚を求めて手軽な波止釣りを楽しんでいます

記事一覧(123)

サバ風呂ではなく、フグ風呂でした

暑くなったり、寒くなったり、ここのところ気温の変化が激しいですね。昨日までの梅雨寒も一段落し、風も収まってくるという予報だったので、今日も千倉まで遠征しました。朝2時出発、外環が開通したので、早速、使ってみます。便利ですね。それに早い!でもちょっと高いかな(笑) おかげで日の出前の午前4時に千倉へ到着することができました。前回と比べて今回は釣り場が空いています。ちょっと嫌な予感が・・・冷たい北東風が吹く中、先ずサビキから始めました。直ぐにアタリがあります。上げてみるとフグでした。前回あれほどいたサバは姿が見えません。サバのかわりにフグがわいています。サバは食べられますがフグは食べられません。釣り上げても全てリリースです。あまりにもたくさんわいているので仕掛けを投入すると直ぐに掛かってしまい、タナを探れません。仕方が無いのでチョイ投げもやってみますが、今度はバイ貝ばかり釣れて仕掛けが消耗してしまいます。寒さに震えながら虚しい作業を繰り返し、時間ばかりが過ぎていきました。太陽がだいぶ高く上った午前5時過ぎ、サビキの竿に今までと違うアタリがあります。上げてみるとフグではありません。シマアジです。しかし、取り込む寸前、海へ落としてしまいました(T_T)それからまた暫くフグを釣ってはリリースの繰り返しが続きます。午前6時過ぎ、またフグとは違うアタリです。今度こそしっかり取り込みます。