hatoturi

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で美味しい魚を求めて手軽な波止釣りを楽しんでいます

記事一覧(148)

捨てる神あれば拾う神あり

この前の日曜日、どうしても必要なものがあり、お店を探したら、休日のため、なかなか営業しているところがありません。やっと開いているお店を見つけたのですが、そのお店のルールで売ってもらうことができませんでした。理由はわかったのですが、こちらにも事情があったので、それを丁寧に説明し、お願いしたのですが駄目でした。がっかりしたのと途方に暮れながらも、他のお店を足を棒にして探したところ、やっともう1件、お店を見つけました。しかし、やはりお店のルールで販売してもらえないとのことです。それでも駄目もとで、事情を丁寧に説明したところ、そういう理由ならということで売っていただくことができました。柔軟かつ温かい判断をしていただき、本当に嬉しかったです。回りくどく、長い前置きが続いて申し訳ありません。結局、問題が無事に解決したので午後には釣りに行くこともできました。ここのところなかなかカレイを釣ることができません。去年のパーフェクトボウズ4回のうち3回がカレイ狙いでした。そこで河岸を変えることにします。一年ぶりに鹿島港へ行くことにしました。途中、キャスティング青戸店で、高価な岩イソメと青イソメをたくさん買いこみます。午後2時半、釣り場に到着してみると、工事中、釣り禁止、広い釣り場なのですが、全く釣ることができません。近くに別の釣り場は・・・、なかなかありません(T_T)午後4時半、狭い場所ですが、やっと釣りができるところを見つけました。日没直前です。明日は仕事なので午後7時くらいまでしか釣ることができません。それでも急いで竿を4本出して、仕掛けをセットし、エサをたっぷり房掛けにして投げ込みます。周囲の方に様子を聞いても・・・、何も釣れていないそうです。今日は釣りができただけでも良しとするかと思っていたら、突然、竿尻が浮くような大きなアタリがありました。慌てて巻き上げてみると・・・

初釣り@館山~時合いは大事だ~

今日も途中で館山の釣り具ランドに寄ってエサを買います。店長さんから午後5時頃にアジの地合いがやって来るという貴重なアドバイスをいただきました。午後2時半、釣り場に到着、そこそこに混んでいましたが、何とか場所を確保します。地合いまで時間があるのでノンビリ初釣りを楽しむことにしました。先ず、ジギングから始めます。浮遊物が多いため、やり辛いです。アタリも無いので1時間ほどで諦めました。少し早いですがアジを釣るため、サビキを落とします。すると直ぐに強いアタリがあり、上げてみるとアジでした。ただし、取り込みに失敗し、海へ落としてしまいます。これはチャンスとコマセをガンガン撒き、サビキを落としますが、その後は全くアタリがありません。周囲も同様な状況です。コマセに限りがあるので、夕マズメの時合いを信じ、コマセをセーブしておきます。風が強くなり、だんだん寒くなってきました。ノンビリと言うよりかは、吹き曝しに耐えつつ日没を待ちます。そろそろ暗くなってきた5時少し前、まるで計ったようにアタリが出始めました。思ったより良い型のアジが釣れ始めます。ただ、風が強いので手返し良くとはいきません。相変わらず海ポチャもあります。地合いも短く30分程度しかありませんでした。