hatoturi

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で美味しい魚を求めて手軽な波止釣りを楽しんでいます

記事一覧(203)

雨中の平日釣行

先月のGWも働いたので、今日はその分の代休です。今週は特にストレスが多く疲れも溜まっていたので午前中は身体を休ませます。せっかくの平日のお休みなので、午後からは釣りに行くことにしました。梅雨入りしたので天気はあまり良くありません。天気図と雨雲レーダーと睨めっこしながら、大津へ向かいます。午後2時に出発、途中から土砂降りでしたが、午後4時を回れば雨雲は抜けるはずです。午後4時半、釣り場に到着、予想通り、雨は上がります。平日なので釣り場も空いていました。中潮、風も波もありません。早速、コマセを撒いてみます。直ぐに濃い魚影が・・・、でもフグです。サビキを投入しますが、フグしか釣れません。これは苦戦しそうです。そう思っていると、雨がポツポツと・・・、直ぐに土砂降りになってしまいました。仕方が無いので車の中へ避難です。苦戦する前に一旦撤退することになってしまいました。雨雲レーダーを見てみると1時間は降り続けそうです。午後6時前には雨が上がったので再開します。しかし、フグしか釣れません。まるでフグ風呂です。このままではまずいですね港の奥の方でフグ以外の魚が釣れているようなので釣り場を移動しました。日没までもう時間がありません。コマセを撒くと確かにフグ以外の魚も集まって来ました。でも仕掛けを入れるとフグが先に掛かってしまいます。フグ以外で最初に釣れたのはサバでした。しかし続かず、またフグが釣れ続けます。次にフグと異なる強いアタリがあり、抜き上げてみると美味しそうなアジでした。これも続かず、さらにフグが釣れ続け、暗くなって来たところでやっと大きなアタリがあります。結構、強く引きます。丁寧に寄せて抜き上げてみると、小さいですがカンパチ、ショゴでした。

君の名は?

新型コロナウイルスの感染拡大のため、3月から釣りに行くことができませんでした。やむを得ない事とは言え本当に辛かったです。やっと緊急事態宣言が解除され、釣り場にも入れると聞き、今日は波崎へ行って来ました。午前2時に出発、まだ暗い、4時前に到着です。ここは広大な釣り場のため、今まで入れなかったことは無かったのですが、今回は激混みのため空きがありません。前日から泊まり込みで釣っている方が多いようです。それでも僅かな隙間を探し、両隣りの方にお願いして間に入れていただきました。大潮、天気は良く、風もありません。先ずコマセを解凍し、サビキから始めます。直ぐに小サバが釣れ始めました。入れ食いです。次に、小サバを餌に泳がせ釣りを始めます。サビキでは小サバがいくらでも釣れてしまうため、あえて針を大きくし、大きなものしか掛からないようにしました。太陽が上がって来た時、鋭いアタリがあり、竿先が引き込まれます。まぁまぁの型のメバルでした。嬉しいですね。泳がせはアタリがありません。8時を回ると暑くなって来ます。そろそろ納竿かなと考えていると大きなアタリがあり、竿が持ってかれます。何とか引き寄せると見たことがない魚です。隣の方がタモを入れてくださり、何とか釣り上げることができました。本当に感謝です<(_ _)>

タイミングに恵まれた釣行

昨日は風が強く釣りに行くか迷いました。天気図を見ると南の方から風が弱まってきそうです。一か八か夕マズメ狙いで南房総へ行くことにしました。この時期、南房総は花が綺麗だし、晴れているのでドライブだけになっても良いでしょう(^-^)出発前に道路情報を見たら館山道は渋滞です。だったら東関道を使って鹿島か波崎へ行くか・・・、犬吠埼より北は風が強そうだし・・・、迷いましたが、夕方には渋滞が解消されると予想し、南房総にしました。午後2時に出発、館山道の渋滞は解消していて、午後4時半釣り場に到着します。風も気になりません。三連休ですが釣り場の確保もできました。地元の方に聞いたところ強風で釣り場は空いていたそうですが、風が弱まり、急に増えてきたそうです。私が着いた後もどんどん集まってきました。あと10分遅かったら場所は取れなかったですね~大潮、着いた時は満潮、日没に向けて潮が動き出します。先ず、キビナゴを付けた天秤かごを投げました。エサは取られますが何も掛かりません。足下にはサビキを落とします。ポツポツとイワシが釣れました。このイワシをリリースするか、泳がせのエサにしようか迷っていると・・・サビキに強いアタリです。上げてみるとアジの一荷でした。