Spring has come!2017

ここのところ年度末でドタバタしていて、なかなか釣りに行くことができませんでしたが、昨日やっと何とか時間をつくり乙浜港まで行ってきました。時間が限られているのに房総半島最南端まで遠出したのは、手近な湾奥や内房ではまだ海水温が低く、シーバス以外、目立った釣果を聞くことができなかったからです。出発は午後2時半、高速道路を使っても片道2時間半かかり、夕まずめ2時間半しか釣ることができませんでしたが、久々におかずをしっかり確保することができました。

日差しは暖かかったのですが南風が強かったので、ルアーやウキ釣りは諦め、胴突き仕掛けにオキアミを付けて投げ込みます。竿は長短2本出しました。すぐに明確なアタリが出始めます。先ず最初に釣れ始めたのは春告魚のメバルでした。

その後も入れ食いとまではいきませんが、10㎝ぐらいの小さいものから、20㎝を超えるものまで、メバルがポツポツと掛かります。

日が暮れはじめると今度は海タナゴの群れがやってきました。

こちらは完全に入れ食いです。仕掛けを胴突きからサビキに変えて数を釣ります。型が30㎝近いものも混じっているので、引きも楽しめました。

しかし時合いは短く、30分程で群れはいなくなり、アタリが止まります。翌日も仕事があるので粘らず7時半には撤収しました。結局、15㎝以上のメバルを6匹、抱卵していない海タナゴで大きいものを4匹持ち帰り、あとはリリースです。

昨年の3月も乙浜港まで足を伸ばし、たくさん釣ることができました。やはり房総の春は当たり前ですが南から始まるようですね。

家に帰ってからすぐに魚を捌き、お刺身にします。大皿で2枚分の盛り合わせを作ることができました。久々に食べきれない量です。見栄えが悪いのはお許しください。

余ったお刺身は翌日ツマが漬け丼にしてくれました。

ひと手間加えるとやっぱり違いますね!(^^)!

来月も春の魚を求めて頑張ります!



良ければこちらもクリックしてください。励みになります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ぼうそう波止釣り日記

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で波止釣りを楽しんでいます

0コメント

  • 1000 / 1000

hatoturi

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で美味しい魚を求めて手軽な波止釣りを楽しんでいます