平成の最後に釣れたものは

ものすごーくベタなタイトルで申し訳ありません。昨日は友人のKさんと一緒に波崎港へ行ってきました。前日のリベンジもあります。

お昼に出発、高速道路は宮野木JCTまでは少し混んでいましたが、あとは順調で、午後2時過ぎに到着、釣り人はたくさんいましたが、釣り場がとても広いので、場所はすぐに確保できました。天気は晴れ、小潮、風が強く、日差しは強いのですが、肌寒かったです。

最初にぶっこみの仕掛けを投入します。

エサは青イソメの房掛けです。

次に胴突き仕掛けにオキアミを付けて探ります。

しかし、アタリは全くありません。

先端の角が空いたので移動します。

しかし、ここでもアタリがありません。

そこでアミコマセを撒いてみます。

ところが、これも効果がありません。

太陽が傾くと正面に淡い虹が現れました。

良いことがあるかもしれません。

夕マズメに入ったので、今度はアジ狙いで、サビキを足下に落とします。

残念ながら、これもアタリがありません。

虹のご利益はないのでしょうか?それともこの美しい景色そのものが・・・

暗くなってからもアジの群れは訪れませんでした。夜になると寒さが一段と身に沁みます。

平成最後の釣りは、ボウズかもしれない・・・

そんな思いが頭をかすめた時、ぶっこみの竿にやっとアタリがありました!

リールを巻き上げてみるとアナゴです。型は小さいですが、平成の最後に何とか釣ることができました。そう言えば、平成の最初の頃も、よく学生時代の友人と川崎へアナゴ釣りに出かけたものです。

残念ながら、その後は続きませんでした。

納竿後、平成の最後に釣ったアナゴをリリースし、令和の大漁と釣行安全を祈願します。

帰りも渋滞がありましたが、無事帰宅することができました。

令和になったら、また頑張ります(^^)v



良ければこちらもクリックしてください。とても励みになります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ぼうそう波止釣り日記

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で波止釣りを楽しんでいます

0コメント

  • 1000 / 1000

hatoturi

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で美味しい魚を求めて手軽な波止釣りを楽しんでいます