大潮の夜、最後に見たものは

この前の連休は釣りに行けず、昨日は半月ぶりの釣行です。前回のカレイ(マコガレイ)の美味しさが忘れられず、鹿島へやってきました。

明るいうちに釣り場に入ります。少し混んでいましたが場所を確保することができました。早速、岩イソメと青イソメを房掛けにして投げ込みます。この時間、満潮、潮どまりのためか、アタリは全くありません。

西の空に日が沈み、東の空で月が輝きます。大潮ですが、満月ではなく、まだ少し欠けています。

天気は良く、風もなく、穏やかな海です。暗くなって、潮が動き始めます。しかし、竿先に変化はありません。釣れるのはヒトデばかりです。

寒さに耐え、ひたすら待ち続けますが、何も釣れません。周囲では、時たまアジが釣れているようでした。今日はコマセを用意していません。狙いをカレイに絞っています。

待てども、待てども・・・、ついに、下げ三分が終わり、エサも無くなりました。流石に諦め、竿を順番に片付け始めます。ふと、残った竿を見てみると、アタリが・・・

仕掛けを上げてみたら待望のマコガレイでした。しかし、サイズは前回より更に小さく、木っ端に毛が生えた程度の大きさです。まぁ、最後にボウズから逃れることができたので、良しとしましょう。捌くのには厳しいサイズです。持ち帰らず、丁寧に針を外し、そっとリリースします。

マコガレイが海に帰るチャポンと音がしたのと同時に、最後に残った竿が突然ひったくられました。慌てて竿を掴み、リールを巻き上げようとしますが、かなり重たいです。ドラグを効かせながら、時間をかけて手繰り寄せます。しかし、もう少しというところでバラしてしまいました(>_<)

たぶんシーバスですかね。逃がした魚は大きいということで(笑)

結局、御飯のおかずを持ち帰ることはできませんでしたが、最後に色々と楽しめ、とても面白かったです。真冬の海、寒さに耐え、粘った甲斐がありました!



良ければこちらもクリックしてください。とても励みになります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ぼうそう波止釣り日記

千葉県や茨城県などの沿岸で美味しいお魚を求めて波止釣りを楽しんでいます

0コメント

  • 1000 / 1000

hatoturi

千葉県や茨城県などの沿岸で美味しいお魚を求めて波止釣りを楽しんでいます!