五里霧中のカレイ釣り

今朝は富津へ行ってきました。途中、館山道は濃い霧が出ていて、速度規制があり、スピードを出すことができません。突然、前が見えなくなる霧って怖いですよね。それでも何とか無事、午前5時には釣り場に到着することができました。ここのところ富津新港は釣りができるスペースが広がっていたのですが、中央部が元のように入れなくなっています。船も接岸していて、釣れる場所が限られていたのですが、いつもの場所を確保することができました。

今日の狙いはマコガレイです。風が無く、海も穏やかで、それほど寒くはありません。釣り竿を4本出し、時々リールを巻いてポイントを探りながらアタリを待ちます。夜が明けてきました。いよいよ朝マズメに突入です。

しかし、なかなかアタリがありません。竿を上げてみると、相変わらず、ヒトデがよく掛かっています。ヒトデはクリスマスツリーの星のようにも見えますよね。季節柄、特に丁寧に外して海へお帰りいただきます。

休日なのに船の出入りが多いですね。時々、小雨が混じるようになりました。

そして、虹が現れます。写真だとわかりづらいですが、釣り竿の上の方にうすーくかかっているんですよ(笑)

虹のご利益かアタリが出始めました。しかし、なかなかのりません。また、このアタリは本命のマコガレイではなさそうです。やっと針に掛け、釣り上げて、正体がわかりました。

あるあるですよね(笑)

当然、リリースです。9時をまわったところで少し風が出てきました。10時になると雨も強くなってきたので終了です。

最後の片付けをしている時にドジを踏んでしまいました。釣り竿からリールを外そうとしたら雨で手が滑り、リールを岸壁から海に落としてしまったのです。シマノのエアノス4000、安いリールですが私の投げ用のリール中では一番新しい物で、かつ、お気に入りです。失くしたことも残念ですが、回収できなかったことで、海にごみを残してしまいました。反省です<m(__)m>

それにしても、ここのところマコガレイを釣ることができません。エサは、青イソメだけでなく値段の高い岩イソメをミックスしたり、付け方も垂らしを小さくしたり、房掛けにしたり、色々試しています。仕掛けも評判の良い物を片っ端から使い、時間も、夜、昼、マズメと変えてみました。

場所は千葉港のように有名ではないですが、実績はあります。何より、私自身ここで一昨年は良い型を釣ることができました。

こう釣れないと、後は何をやっていいのかわかりませんね。

しばらく違う魚を狙った方が良い気もしますし、リベンジしたい気もします。まぁ、こういう迷いも釣りの楽しみなのですが(笑)

そろそろ釣り納めも考えなきゃいけませんね。今年も最後まで頑張ります(^^)/



良ければこちらもクリックしてください。とても励みになります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ぼうそう波止釣り日記

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で波止釣りを楽しんでいます

0コメント

  • 1000 / 1000

hatoturi

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で美味しい魚を求めて手軽な波止釣りを楽しんでいます