イワシ、アジ、サバ、そして・・・

秋は釣りには最高の季節ですが、仕事が忙しくなかなか思うように行けません。先週の三連休も釣りに行けずストレスが溜まっていました。当然、仕事の疲れも溜まっていますが、気分転換も大事ですよね。そこで、今日は近場の袖ケ浦に行き、朝マズメの短時間ですが釣りを楽しんできました。

朝4時半に到着、風があり、寒いくらいです。今シーズン初めてダウンを着ました。係留船が多かったのですが夜明けとともに次々と出港し、釣り場が空いていきます。

今回は竿1本、サビキだけで勝負です。暗いうちはアタリが無く、夜が明けても時合いがきません。6時近くになって、やっとアタリが出始め、イワシが釣れ始めました。

イワシの群れを避け、底を狙っていると、突然、強いアタリです。柔らかい磯竿が強引に持って行かれます。引きを楽しみながら上げて見ると・・・

シーバス(スズキ)でした。ぎりぎりフッコ級ですかね(^-^;

よくサビキのハリスが持ちました。

その後、いよいよアジの時合いに突入です。今日は6時を回っていました。豆アジに手のひら大より大きな物も混じります。

時合いは1時間もありませんでしたね。最後の方で、また強いアタリがあり、今度は横へ走る引きを楽しめました。竿を上げて見ると・・・

サバです。このぐらいの型になると釣り甲斐がありますね。

今日は8時前に納笙し、仕事に向かいます。

比較的大きなアジは生で食べるので釣り場で頭と内臓を落としてきました。

写真が見苦しいのはお許しください。

豆アジとイワシも唐揚げ用に少し持ち帰りました。

短時間ですが秋の釣りを楽しむことができ、嬉しかったです。お陰様でストレスも発散することができました!

釣った魚の料理については、次回のブログに記載します。



良ければこちらもクリックしてください。とても励みになります。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ぼうそう波止釣り日記

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で波止釣りを楽しんでいます

0コメント

  • 1000 / 1000

hatoturi

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で美味しい魚を求めて手軽な波止釣りを楽しんでいます