短い時合にサビキで勝負

今日は友人Iさんと袖ケ浦へアジを釣りに行きました。朝3時半出発、4時半到着、休日なので釣り場はかなり混んでいます。残念ながら係留船のロープが張ってあるところしか空いてませんでした。投げづらい場所ですが我慢します。

風が少しありましたが、天気は晴れ、大潮、下げ三分、朝マズメ、条件は良いはずです。明るくなる前に釣り始め、日の出とともにアタリが出ます。型は小さいですがアジが釣れ始めました。しかし、すぐにイワシが混じり始め、そしてイワシしか釣れなくなります。

イワシ釣りに飽きてきた頃、今度は、突然、強いアタリがあり、竿を上げてみると、まぁまぁ良い型のサバでした。サバの群れがやってきたようですが、直ぐにまたいなくなってしまいました(^-^;

こうして朝の時合いは終了です!短い、短すぎます!!

その後はチョイ投げでハゼを釣ったり、セイゴを釣ったりしましたが、太陽が高くなるにつれて風が強くなり、アタリも無くなってきした。9時をまわると竿が飛ばされるくらい風が強くなってきたので早めに終了です。

釣果は、本命のアジが3匹、セイゴが1匹、釣ってすぐに頭と内臓は取ってしまったので写真が見苦しいことはお許しください。

このあと三枚におろして、お刺身でいただきました!

それとサバが7匹、内臓を取り出しても、このボリューム、本命のアジより食べ応えがありそうです。嬉しい誤算でした。半分をしめ鯖にし、残りを(博多風)ごまさばにしました。

とても美味しかったですよ!(^^)!

あとはイワシとハゼ、イワシの多くは、隣の家族連れにあげてしまい、食べきれる量だけ持ち帰りました。型が小さいので、これらは頭と内臓をとって唐揚げです。

結果、時合いが短かった割には、効率よく釣ることができましたね(^^)v

そして、Iさんとお話しもたくさんできたし、料理も楽しめ、お陰様で今日も充実した休日を過ごすことができました!



良ければこちらもクリックしてください。とても励みになります。 

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ぼうそう波止釣り日記

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で波止釣りを楽しんでいます

0コメント

  • 1000 / 1000

hatoturi

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で美味しい魚を求めて手軽な波止釣りを楽しんでいます