孤独な釣り納め@長浦港

釣り納めをどこでやるか迷っていたところ千葉港でマコガレイが 釣れ始めたという情報が入ってきました。そろそろ白身の魚が食べたいころです。でも、千葉港はかなり混んでいてなかなか場所が取れないし、駐車場からの距離もあります。そこで車横付けで釣ることができ、千葉港ほどではありませんがカレイの実績があって、スズキが釣れる可能性もある袖ケ浦の長浦港へ昨日行ってきました。

午後1時出発、途中、キャスティングに寄ってエサを買います。今年はマコガレイが全然釣れないので、暫くお休みしていたのですが、ゴン太の青イソメを注文したら店員さんに「またマコガレイを狙うんですね」と声をかけられました。「釣り納めはマコガレイのリベンジです」と答えたらだいぶ増量してもらえたので、ちょっと得した気分です(^^)v

午後3時に到着、千葉港とは異なり、やはり釣り場は空いてます。せっかくなので竿を4本出し、仕掛けを投げ込みました。

しかし、待てども待てどもアタリはありません。周りも同じ状況でとても静かです。暗くなるとともに、風が強くなってきました。そして周囲の釣り人が帰り始めます。

カレイは暗くなってからが勝負です。諦めずに粘り続けます。するといつの間にか、広い岸壁にいるのは私だけになってしまいました。釣れないと釣り場は閑散としてきますが、流石に人気の釣り場で1人だけというのは驚きです。風はさらに強くなり、寒さが身にしみます。おまけに竿先はピクリともしません。結局、カレイのリベンジはなりませんでした。寒さと寂しさに耐えかねて午後7時に終了です。

釣り納めとしては散々でしたが、今年も無事に釣りを楽しむことができました。 また、この拙いブログを読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。どうか良いお年をお迎えください!



こちらをクリックしていただけると励みになります。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

ぼうそう波止釣り日記

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で波止釣りを楽しんでいます

0コメント

  • 1000 / 1000

hatoturi

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で美味しい魚を求めて手軽な波止釣りを楽しんでいます