波止釣りのタックル~使ってなんぼ~

今週末は仕事の関係で釣りに行けません。

しかたがないので今日は釣具のメンテナンスで気を紛らわしました。

波止釣りでは投げ竿と磯竿を使っています。

投げ竿は、安くて、持ち運びが楽なシマノのホリデーショートスピンです。

上から、335HXT(鉛負荷:10~20号)、335JXT(鉛負荷:5~15号)、275JXT(鉛負荷:5~15号)です。柔らかめの竿ですね。長い竿は得意ではありません。

リールは左から、シマノの NEW エアノス 4000、NEW エアノス 3000、ダイワのワールドスピン 2500です。安いけど軽くて使いやすいですね。


磯竿はダイワのロッド 小継 せとうち 2-39・Nで、リールはシマノのアリビオ 2000を合わせています。

これはとても良い竿なんですが、柔らかくて粗雑に扱えないこと、継数やガイドの数が多く釣り始めるまでに時間がかかることなどから、柔らかめの投げ竿のほうが、よく使います。


来週はアジを狙いに行くか、白ギス狙いで行くか、どちらにしても絶対、これらのタックルを使い倒すぞー



おかげさまでベスト10に入りました。励みになるので、ぜひクリックしてください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ぼうそう波止釣り日記

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で波止釣りを楽しんでいます

0コメント

  • 1000 / 1000

hatoturi

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で美味しい魚を求めて手軽な波止釣りを楽しんでいます