極寒の中で春告魚を釣る

【プロローグ】

ここのところ仕事でだいぶ脳みそが煮詰まっているので、昨夜はサヨリの仕掛けを作って気分転換をしました。サヨリの仕掛けは繊細なので集中しなければなりません。作っている間は仕事のことを忘れていました(笑)


仕掛けを作ったら使いたくなりますよね~

というわけで今朝は鹿島港に行ってきました。午前4時に出発、5時半に到着、大潮、微風、天気は良く晴れそうです。週末なのに釣り場は空いています。というか物凄く寒いです。久し振りに氷点下の気温の中での釣りになります。この寒さでは釣り人が少ないのも当たり前ですよね(笑)

最初はアジを狙います。日が昇るまで粘りましたが全くアタリはありませんでした。朝マズメより夕マズメの方が良いのかな~

メバルもダメでしたね。

後半はサヨリ狙いに切り替えます。早速、昨夜作った仕掛けの投入です。それにしても寒さが厳しく手が悴んでしまいました。サヨリ釣りはエサのつけ方の良し悪しが釣果を左右します。手首にカイロを巻きつけましたが、なかなか上手くいきません。それでも何とかエサを付けて探ります。最少はアタリがありませんでしたが、7時半ぐらいからアタリが出始めました。何回目かのアタリでやっと釣り上げます。

サイズは30cmぐらいでしょうか。美しい魚ですよね~

そう言えばサヨリは春告魚、寒さに耐えた甲斐がありました。

その後も30分ぐらいはアタリが続き、3匹釣り上げたところでアタリが全くなくなります。

サヨリにも時合いがあるんでしょうかね~、それとも潮が動かなくなったせいなのでしょうか・・・

結局、日差しに温もりを感じられるようになった9時、諦めて納竿です。

今日の釣果はこの3匹でした。ちょっと寂しいですね~

でもサヨリは美味しいので良しとしましょう!

仕事のストレスもだいぶ発散できました。サヨリの料理は明日エピローグとして掲載する予定です。ぜひご覧ください(^^)/



釣り場の情報はこちらから、とても参考になります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ぼうそう波止釣り日記

千葉県や茨城県などの沿岸で美味しいお魚を求めて波止釣りを楽しんでいます

0コメント

  • 1000 / 1000

hatoturi

千葉県や茨城県などの沿岸で美味しいお魚を求めて波止釣りを楽しんでいます!