いっぱい、いっぱい(^-^;

週末は土曜日に続けて日曜日も釣りに行くことができました。午前3時半、友人のIさんと一緒に南房総へ向かいます。5時半到着、釣り場は空いていました。寒さに備え、防寒着を着込み、カイロを装着します。まだ暗いので常夜灯の光に集まっている魚をサビキで狙いました。最初に釣れ始めたのは良い型のマイワシです。アイゴやメバルも混じります。

小物釣りを楽しんでいるうちに明るくなってきました。風も無く穏やかな海です。釣れた小イワシをエサにして泳がせ釣りも始めます。

午前7時をまわるとアジが釣れ始めました。それも黄アジです。サバやトウゴロウイワシも混じりますが入れ食いです。アジの時合いは短いので手返し良く釣るようにします。すぐにツ抜けしました。

アジは面白いように釣れ続けます。アミコマセが無くなったので近くの釣具店で補充しました。この時期、アミコマセの解凍には時間がかかります。

その間に泳がせ釣りのエサもイワシからアジに替えました。Iさんは投げ釣りも始めます。

何とかアミコマセが使えるようになったのでアジ釣りを再開しました。そろそろ朝マズメも終わろうという時間になっても活性が高いです。夢中になって釣っていたら、いつの間にか大汗をかいていました(笑)

9時過ぎには潮が止まりましたが、それでもアジは釣れ続けます。Iさんの投げ釣りではメゴチが釣れていました。泳がせ釣りだけはアタリがありません。

10時をまわるころには流石に釣り過ぎたことに気が付きます。クーラーボックスに入りきらなくなってきたので終了しました。

お持ち帰りしたお魚さんたちです。これでもかなりの量の小魚をリリースしてきました。

新鮮なうちに料理しなければなりません。アジだけでも60匹以上捌きました。

2日間連続で釣りに行ったのは1年半ぶりです。

年のせいか体力的にはきついですね(笑)

それでも晩御飯までに、お刺身となめろう、それに博多風ごまさばではなく、博多風ごまあじをつくり、家族でいただくことができました。やっぱり黄アジは美味しいです!(^^)!

残りのアジも全て開き、干物(一夜干し)にします。

正直言ってヘトヘトです。疲れました。でも、やっぱり大漁は嬉しいですよね。こんなにたくさんの黄アジを釣ったのは初めてです。前日の流れ星への願いが功を奏したのかもしれませんね。

干物(一夜干し)は友人たちにも配りました。こちらも喜ばれ、やっぱり嬉しいです。

いっぱい釣って、いっぱい捌き、いっぱい疲れて、いっぱい感動した一日でした\(^o^)/



良ければこちらもクリックしてください。とても励みになります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ぼうそう波止釣り日記

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で波止釣りを楽しんでいます

0コメント

  • 1000 / 1000

hatoturi

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で美味しい魚を求めて手軽な波止釣りを楽しんでいます