泳がせてみたら

今日は袖ケ浦に行ってきました。到着は午前5時頃、日曜日のため釣り場は混んでいます。仕方が無いので係留船のロープがあるところで釣り始めました。風と波があり少し釣りづらいですが、夜明けとともにサビキの竿にアタリが出始めます。

でも、釣れるのは小さなイワシやサッパばかりです。

そこで、この釣れたての活きの良いイワシをエサにして泳がせ釣りを始めました。30分ほどアタリは無く、エサのイワシを確認するとまだ元気です。そこでもう少し粘ります。

すると突然大きなアタリがあり、ドラグを緩めていたのに竿尻が大きく跳ね上がりました。竿をしっかりホールドし、ドラグを少し締め、ファイト開始です!

かなり引きが強く、3号の磯竿が満月のようにしなります。ドラグを効かせながら粘り強く弱まるのを待ちました。いつの間にか周囲に人が集まっています。ちょっと緊張しますね。タモを持ってきてくれた方もいました。心強いです。少しずつ引き寄せ、やっと正体がわかりました。スズキです。こんな大きなサイズは初めてなので手に汗握ります。もう少しでタモに入りそうな時に、今度は思いっきり、横に走られてしまいました。その際、隣の方のトリック仕掛けを巻き込んでしまいます。巻き込んだまま取り込めるように隣の方が協力してくれました。本当に感謝です。今度こそ、水面まで抜き上げ、タモまで引き寄せようとしたところで・・・、エラ洗い・・・、ハリスを切られてしまいました。

ため息がもれます。ショックです。

しかし諦めません。再び、イワシを泳がせます。今度は直ぐにイワシが逃げる様子が竿先に伝わってきます。アタリもありますが、なかなか掛かりません。何回か、それを繰り返していると、やっと大きなアタリがあり、竿尻が大きく跳ね上がります。竿をしっかりホールドし、ドラグを少し締め、第2ラウンドのスタートです!!

また、とても引きが強く、竿が満月のようにしなります。今度こそは失敗するわけにはいきません。ドラグを効かせながら粘り強く引き寄せます。やはりスズキのようです。もしかしたら先ほどばらしたものと同じかもしれません。エラ洗いを警戒し、テンションを緩めないように気を付けます。しかし、ここで、またもや強引にハリスを切られてしまいました。

もう言葉も出ません。周囲の方々からは慰めの言葉をいただきましたが放心状態です。

何とか気を取り直し、その後もイワシを泳がせましたが、流石に三度目はありませんでした。

逃がした魚は大きいと言いますが、本当悔しいです。釣りの奥深さを実感しました。次回は頑張ります。



良ければこちらもクリックしてください。とても励みになります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ぼうそう波止釣り日記

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で波止釣りを楽しんでいます

0コメント

  • 1000 / 1000

hatoturi

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で美味しい魚を求めて手軽な波止釣りを楽しんでいます