初夏のサバ風呂

今日は南房総の千倉へ行ってきました!ここのところ、なかなか釣りに行くことができず、GW以来です。気が逸ってしまい、一睡もしないで、午前0時に出発、2時半に到着しました。この時間なのにとても釣り場は混んでいます。先行者にお願いして何とか隙間に入れさせていただきました。混んでいるということは、釣れているということなのかな(^^♪ 期待が膨らみます。

真っ暗なので慎重に準備し、釣り始めました。今日はチョイ投げとサビキです。しかし、暗いうちはどちらもアタリはありませんでした。ところが明るくなるとサビキにアタリが出始めます。上げてみると小サバでした。海面を見てみると小サバの群れが一杯です。いくらでも釣れますが、小さいので持ち帰っても唐揚げぐらいしか、料理のしようがありません。今日は疲れているのであまり油料理をしたくないんですよね。そこで釣っても小さい物は全てリリースしました。先月と異なり、時々一回り大きな物が混ざるので、それだけキープです。いくらでも釣れる状況というか、他の魚を釣ることができません。

一方、チョイ投げの方も時々アタリがあります。上げてみるとメゴチだったり、フグだったり、残念ながら外道ばかりです。7時をまわったところで竿先に鋭いアタリがありました。フグかなと思って軽く合わせ、上げてみると、シロギスです。サイズはピンですが、今年初なので嬉しかったです(^^)/

サビキの方はなかなか食べごろサイズのサバがかかりません。小サバ20匹に1匹ぐらいの割合でしょうか(笑)

こちらも8時前に今年初のお魚さんとの出会いがありました\(^o^)/

たぶんシマアジです。幼魚なのでメッキと間違えていたらごめんなさい<m(__)m>

しかし、これも後が続きません。結局、午前9時にエサが無くなり今日の釣りは終了です。持ち帰ったサバはこれだけでした。

これらは三枚におろし、生臭さを取るため先ず塩で〆た後に、酢で〆ます。シロギスとシマアジも三枚におろし、お刺身にしました。量は足りなかったですが、美味しかったです!(^^)!



良ければこちらもクリックしてください。とても励みになります。 

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ぼうそう波止釣り日記

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で波止釣りを楽しんでいます

0コメント

  • 1000 / 1000

hatoturi

房総半島沿岸(東京湾奥を含む)で美味しい魚を求めて手軽な波止釣りを楽しんでいます